I看護師の離職率が高い理由は?

積極的にキャリアアップを目指して転職する看護師や子育ての条件の良い病院を目指して転職する看護師が多いことは事実ですが、元々、看護師の離職率が高いことも看護師の転職が多い理由の1つと言えます。看護師業界では新人看護師の1割は1年未満で病院を辞めていると言われています。最近はどこの職場でも新人の離職率は高まっていますが、看護師の離職率が慢性的に高いことも事実なのです。その理由の1つは、人の命を預かる病院という職場のプレッシャーにあります。大学や専門学校を卒業したばかりの新人看護師にとっては、研修システムが整った大病院ならまだしも、いきなり現場で看護のヘルプをやらされる様な病院では新人が育たないこともうなずけます。やはり、現代の日本が二極分化に悩まされている様に、病院に於いても大病院と中小零細病院の二極分化は大きな問題です。また、2つ目に考えられる離職の理由は人間関係です。特に、女性の職場である看護師の世界は、微妙な人間関係で悩みを抱える新人も多いのです。3つ目の理由は肉体的・精神的なひ弱さです。看護師の仕事は細かい神経を使う仕事に加えて、肉体労働や夜勤の様に体力勝負の仕事が少なくありません。その点ではハングリー精神の皆無な現代の新人はタフさがありません。