F専門看護師にチャレンジしてキャリアアップ

大病院の医療現場で日々キャリアを積みながら主任・看護師長とキャリアアップを目指すのも一つの考え方ですが、スペシャリストとしての専門看護師になってキャリアアップするのも一つの考え方と言えます。その意味では、今後、高齢化社会を向かえ専門看護師の社会的なニーズは益々高まっていくものと思われます。専門看護師とは困難で複雑な健康問題を抱えた患者・家族などに対して、より質の高い看護を提供するために特別の知識や技術を備えた看護師を意味します。従って、専門看護師になるには、日本看護協会専門看護師認定試験に合格しなければなりません。そして、日本看護協会の専門看護師認定期間は5年間で、その後も5年毎に研究業績などの所定の書類の提出を含めた更新手続が必要とされています。また、看護系大学の大学院修士課程に日本看護系大学協議会の認定を受けた専門の修士教育課程が設置され、最終的には日本看護協会が個々の専門看護師の認定を行って専門看護師を養成しています。現在、以下の10分野で日本看護協会によって専門看護師が認定されています。がん看護・精神看護・地域看護・老人看護・小児看護・母性看護・慢性疾患看護・急性重症患者看護・感染症看護・家族支援の10分野です。